トップページ > 製品情報 > 化粧品等の使用上の注意

化粧品等の使用上の注意

  • ■傷やはれもの、湿疹などの異常があるときは、お使いにならないでください。
  • ■お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
    化粧品がお肌に合わないとき、すなわち次のような場合は、ご使用をおやめください。
    (1) 使用中に赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑など)や黒ずみなどの異常があらわれた場合。
    (2) 使用したお肌に直射日光があたって、上記のような異常があらわれた場合。
    そのまま化粧品の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、
    皮ふ科専門医またはお客様相談室にご相談ください。
  • ■目に入らないようご注意ください。万が一目に入った場合は、こすらずにすぐに水またはぬるま湯で
    よく洗い流してください。目に異物感が残る場合は、眼科医にご相談ください。
  • ■乳幼児の手の届かないところに保管し、誤飲にご注意ください。
  • ■極端に高温または低温の場所、直射日光のあたる場所には置かないでください。
  • ■開封後はなるべくお早めにお使いください。